銀行からお金を借りる

「お給料日前で少しお金が足りないから銀行からお金を借りる」「急に飲み会に誘われたんだけど手持ちがないから銀行からお金を借りる」など、日常の生活の中でも、銀行からお金を借りる機会って案外多いものです。

いざ、お金が必要!となったときに、銀行からお金を借りる方法が選ばれるのは、『銀行からお金を借りる条件=低金利』が望まれているからです。

借入金額が少額である場合や、ちょっと借りてすぐに返せる場合は良いのですが、高額借り入れとなったり、借入期間が長くなると、金利は後後に利息として負担となってしまいます。

その点を考えても、低金利で銀行からお金を借りる方法は、非常に助かるキャッシング方法となります。
ここでは、低金利で銀行からお金を借りるための契約申込方法や、銀行からお金を借りる際のお金を引き出す方法などの情報をご紹介しています。

低金利で銀行からお金を借りるなら銀行カードローン

低金利で銀行からお金を借りるといったら、やっぱりお勧めは銀行カードローンです。
低金利なので利息負担も少なく、安心感もあります。

銀行カードローンとは、あらかじめ契約をした金額の範囲内で、クレジットカードやキャッシュカードを使って、繰り返し自由にお金を借りることができる銀行ローンで、借りたお金の返済には、“借入金額の一括払い返済”ではなく、多くの場合で“分割払い(リボルビング払い)返済”をするのが一般的です。

銀行カードローンのメリット

ほかにも、カードの受け取りが自動契約機やテレビ窓口を利用すれば土日祝日でもOKなど、曜日に関わらず便利に利用できます。

銀行からお金を借りる際の契約の申し込み方法

銀行からお金を借りる際の契約申し込み方法は、インターネット申し込みや、店頭での申込、自動契約機申込み、電話申し込み、FAX申し込みなど、さまざまな方法があります。
インターネット申し込みなら、24時間365日契約申し込み受付を行っていますし、来店不要なのでお金を借りている姿を親兄弟などの家族や友人に見られることもなく、便利で気軽なお申し込み方法として、お勧めです。

さらに、即日融資をご希望の場合には、あらかじめインターネット契約申し込みをしたうえで電話連絡をすると、時間短縮できるので審査をスムーズに進めることもできます。
また、インターネット申し込みを済ませ、契約まで済ませたあとで、お時間がある際にキャッシング専用カードだけを自動契約機で受け取ることもでき、たいへん便利です。

銀行からお金を借りる方法(お金を引き出す方法)

店舗ATM、店舗銀行ATM、提携コンビニATM、提携銀行ATM、そのほか提携ATMで、いつでもどこでも便利に借り入れ可能です。
さらに、お急ぎの場合には契約後に振込キャッシングなども可能です。